マクラーレンF1のランド・ノリス、扁桃炎を振り返る「車の中で呼吸をするのも苦しかった」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、F1スペインGPで患った扁桃炎によって「呼吸をするのも苦しかった」と振り返る。

ランド・ノリスはスペインとモナコの両方のレースでポイントを獲得した。彼のトップ10フィニッシュは、健康上の問題によってこれまで以上に印象的なものになった。マクラーレンF1はスペインGPの直後にノリスが扁桃炎に苦しんでいるが、レースへのゴーサインを与えられていたことを明らかにした。

マクラーレンF1のチーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、ドライバーの健康が最優先なのは明らかだったとメディアに明らかにした。

「我々がランドの健康を危険にさらすことは決してない。 医者はゴーサインを出した、そして、彼がそれをやってみることが彼の側から明らかになった後、我々はそれのために行きました。」

彼は次のように述べています。医者は青信号を出しました、そして、彼の側からやってみると伝えて、我々はそれを進めた」

ランド・ノリスは。11番グリッドからスタートして8位でチェッカーを受けたが、バルセロナで週末にどれほど深刻な病気であったかを明らかにした。

「バルセロナでの前のレースの木曜日に扁桃炎と診断された、そして、症状はレース週末を通して次第に悪化していった。冷や汗、発熱、骨格筋の痛み」とランド・ノリスはThe Telegraphのコラムに書いた。

「日曜日までに喉はとても痛くなり、短剣を飲み込むようだった。痛いのでほとんど飲めませんでした。いずれにしろ、何を飲んだとして5分後に吐いていただろう」

「車の中では呼吸をするのも苦しかった。特に心拍数が通常よりもはるかに高く、スペインでは猛暑だった。熱、ブレーキからのカーボン。不愉快な経験だった」

「飲み物のボトルを使用した最初のレースだった。そして、それは本当に僕を救ってくれた。1周ごとに一口飲まなければならなかった。そうでなければ、私はすぐに衰えていただろう」

スペインとモナコは連戦であり、ランド・ノリスには回復するための多くの時間が与えられなかった。金曜日のメディア業務を休んだノリスだったが、アクションまでには体調ははるかに改善していた。

「先週の初めに、トレーナーとチームドクターがモナコに来て一緒にいたのは幸運だった」とランド・ノリスは語った。

「かろうじて話せるくらいだったので、メディアのコミットメントをすべてキャンセルしたけど、両親が到着した木曜日には元気に動き回っていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン