マクラーレンF1のランド・ノリス、英国からモナコに移住
マクラーレンF1のランド・ノリスは、今年の冬に英国からモナコに移住することを明らかにした。ノリスは、F1キャリアと経済的な観点からいいタイミングだと感じていると語る。

英国出身のランド・ノリスは、金銭的な恩恵を受けるモナコのタックスヘイブンに住む他のF1ドライバーに加わることに長い間抵抗し、ウォーキングのマクラーレンのファクトリーの近くに住んできた。

しかし、F1でより確立し、今年初めにマクラーレンF1との契約を延長した後、ランド・ノリスは今が変化を起こす絶好の機会であると考えてる。

「多くのドライバーがやろうとしていることだよね。特にレースに関しては、他のドライバーにとって物事がいかに素早く下り坂になるかなどを目にしてきたと思う」とランド・ノリスは語った。

「自分の将来ことは自分で世話する必要がある」

モナコには、ルイス・ハミルトン、マックス・フェルスタッペン、シャルル・ルクレール、バルテリ・ボッタス、ダニエル・リカルドなど、多くのF1ドライバーが住んでいる。

ランド・ノリスは、F1キャリアの初期はマクラーレンF1に近い英国に留まることが不可欠だったが、今ではそのような近接は不可欠ではないと語る。

ランド・ノリスは、今年でF1での3シーズン目の終わりことになり、よりリモートで操作できる段階に到達したと考えている。

「マクラーレンにいて、いつでも好きなときに参加できるようになることで、自分と自分のキャリアから得られるものはまだまだたくさんある」とランド・ノリスは説明した。

「週末が悪かったときはいつでもシミュレーターに乗って、物事を試したり、エンジニアと話したりすることができた」

「それに僕はイギリスが大好きだ。お気に入りの場所だ。家族がそこにいて、友人もいる。それに僕にとっては楽しみ、楽しさ、自分がしていることを楽しむことが、この種の決定をすることよりも優先されると何度も言ったと思う」

「だから、簡単な決定ではなかった。そして、長年考えていたことでもない」

「ちょうど、このような決定を下し、移住するために時間を費やすせる快適な場所にいるように感じている。まだたくさんの友達に会うことできるし、家族が来てくれると思う」

「非常に多くのことがまったく同じままだ。ただ別の場所に拠点を置くというだけだ」

「それほど多くのゴルフができなくなるかもしれない。おそらくそれが最大の欠点だ。でも、遊びに行ける場所が近くにいくつかある」

「簡単な決定ではなかった。人生の決定ではあるけど、それから変わることはたくさんある」

ランド・ノリスは、モナコに移住するという決定の背後に経済的動機があることは隠さないが、それについて批判されるかもしれないことは承知していると語る。

「もちろん、理解できるし、いくつかの批判があるのは確かだろうね」とランド・ノリスは語った。

「でも、人々はお金のために人生で多くのことをするものだ。これはその別のことにすぎない」

また、ランド・ノリスは、英国を離れたとしても、以前と同じようにオンラインでファンと交流していくこともできると語る。

「まだTwitchなどでストリーミングできる」とランド・ノリスは語った。

「ファンとのやり取りはまったく変わらない。マックスはいくつかのストリームをやっているし、その側面は変わらない」

「日常生活で行うことはすべて、まったく同じになると思う。マクラーレンなどでの日数は、新しいルールがたくさんあるという理由だけで、おそらく昨年よりも長くなるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン