ランド・ノリス 「メルセデスF1とエンジン交換について議論中」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、自分のマシンに新しいメルセデスのF1エンジンを投入する必要があるかについての議論が進行中だと語る。

メルセデスのF1エンジン(ICE)は、信頼性の問題に直面しているようであり、バルテリ・ボッタスはF1アメリカGPで6基目のユニットを投入した。

ルイス・ハミルトンもF1トルコGPでの新しいICEを投入してグリッドペナルティ受け、オースティンでエンジンペナルティを受けた4人のドライバーのうち3人はメルセデスユーザーだった。

ランド・ノリスは、それらのドライバーの一人ではなかったが、「他のほとんどすべてのメルセスドライバーが1基は受け取っている」と述べ、シーズン終了までにエンジンを交換する可能性についてマクラーレンとメルセデスの間で話し合いが進行中だと認める。

「それはずっと進行中のことだ」とランド・ノリスは RacingNews365.com に語った。

「他のほとんどすべてのメルセデスドライバーが1基を受け取っているけど、シーズンの終了までにどうするのがベストが僕たちのチームとメルセデスとの間で話し合われている」

「僕たちがそうするかしないかにかかわらず、今または年内にそれをとるかどうかにかかわらず、長くは残っていない。将来そうするかどうかはまだ決定されていない。それについて話し合っていく」

フェラーリは過去2レースでマクラーレンを上回り、コンストラクターズランキング3位争いでわずか3.5ポイント差まで迫ってきている。

今週末のF1メキシコGPに関しても、ランド・ノリスは再びフェラーリとの接戦を予想している。

「待つ必要がある。コースに戻り、今シーズンで最も楽しいサーキットの1つをドライブするのを楽しみにしている」

「このタイプのサーキットでは、標高とマシンの扱い方が非常に難しい。低速、中速、高速のコーナーがうまくミックスされている」

「予想通り、そして、オールシーズンでそうだけど、僕たち(マクラーレンとフェラーリ)の間で接戦になるだろう。前で終えられるようにベストを尽くす」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / メルセデス