ランド・ノリス、インタビューでの発言を謝罪 「愚かで軽率だった」 / マクラーレン F1ポルトガルGP
マクラーレンF1のランド・ノリスは、F1ポルトガルGP後のインタビューでの発言についてソーシャルメディアで謝罪した。

ランド・ノリスは、この謝罪がどの発言についてのものかは明らかにしなかったが、決勝で接触事故を起こしたランス・ストロール、あるいは92勝目を達成したルイス・ハミルトンへのものと考えらえれている。

「謝らなければならない。最近メディアやインタビューで言ったことに愚かで軽率なものだった。特定の人々への敬意に欠けるものだった」

「僕はそのような人ではないし、彼らだけでなく、読んだり聞いたりしているすべての人に謝罪する必要があることを知っている。ごめんなさい」

ランド・ノリスは、有望なレースを台無しにしたランス・ストロールに対して無線で下品な言葉で批判。しかし、レース直後にすでに謝罪していた。

その後、ルイス・ハミルトンの記録的な92勝について見解を求められたランド・ノリスは、それを軽視するような発言をしていた。

「それは僕にとって何の意味もないことだ」とランソ・ノリスは語っていた。

「彼は基本的にすべてのレースに勝てるはずのマシンに乗っている。他に1人か2人のドライバーを倒すだけでいい。それでも彼にために公正に言えば、彼はやらなければならない仕事をしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / F1ポルトガルGP