F1
マクラーレンのF1ドライバーであるランド・ノリスは、2020年はもっと“集中している”というイメージを植え付けたいと語る。

ソーシャルメディアやPR活動、カルロス・サインチとの陽気な関係、マックス・フェルスタッペンとのシムレースの趣味など、20歳のランド・ノリスには良い意味でお気楽なイメージが定着している。

しかし、ランド・ノリスは、一部では仕事に真剣に取り組んでとの批判や否定的な意見が寄せられることもあるとし、そのような意見も真剣に受け止めたいと語る。

「焦点を変える必要はない」とランド・ノリスは語る。

「集中して物事に取り組む必要があるたびに、状況が自分がやっていることとは異なって描写されることがある。多くの人が僕が冗談を言っているのを見て、彼らは僕が自分のミスを楽しんでいると非難する。他のドライバーと比較して、僕は集中していないかのように見えるたしい」

「そのように描写されたくはない。あまり変更するつもりはない。ほんの小さなことであり、集中して見えるようにするだけだ」

とは言え、ランド・ノリスは自分の“楽しみ”も優先するつもりだとし、それが今のところはモナコに住むために英国を離れるという誘惑に抵抗している理由だと語る。。

「僕はまだ友人とロンドンに行くことの楽しさの損失と比較して、引っ越すことが有利になるほどの金額を稼いではいない」とランド・ノリスはコメント。

「将来それを楽しみにできることを願っているけど、今のところはそらが僕の楽しみです。僕のの楽しみは現時点では他のすべてを満たしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン