ランス・ストロール、1レース出場停止まであと4点 / F1ロシアGP 決勝
アストンマーティンF1のランス・ストロールは、F1ロシアGPのレース後半のピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)との接触に2点のスーパーライセンスポイントを科せられ、出場停止まであと4点となった。

ソチ・オートドロームに雨が降ったとき、ランス・ストロールはインターミディエイトに交換せずにスリックタイヤでステイアウトしたドライバーの一人だった。

スピンを喫したランス・ストロールは、コースに合流した際にピエール・ガスリーに接触してスピンさせた。

その数周前には、アストンマーティンF1のチームメイトであるセバスチャン・ベッテルと衝突していた。

スチュワードは、ランス・ストロールに10秒ペナルティと2点のスーパーライセンスポイントを科した。10秒ペナルティは結果に影響を与えず11位に分類されてた、スーパーライセンスポイントについては累積8点となり、1レースの出場停止が科される12点まであと4点となった。

スチュワードは、ターン8で発生したピエール。ガスリーとの衝突について、ランス・ストロールに「完全に責任がある」と見なした。

「18号車(ストロール)のドライバーは、特に古いハードタイヤを履いていたため、コンディションが非常に滑りやすいという証拠に注目したが、同じ条件のマシンが他に2台いたことを考慮し、スチュワードは、コースを離れ、コースに復帰し、次のコーナーでターンインした際、適切な運転をするのはドライバーの責任であると判断した」

ランス・ストロール、来月のF1アメリカGPの翌日に3点のスーパーライセンスポイントが失効する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランス・ストロール / F1ロシアGP / アストンマーティン