ランス・ストロール 「ベッテルはアルトンマーティンF1を開眼させる」 / F1トスカーナGP 木曜記者会見
ランス・ストロールは、セバスチャン・ベッテルがチームに加入することで2021年にアストンマーティンF1は“開眼”することになると考えている。

今シーズン限りでフェラーリF1を離脱する4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、セルジオ・ペレスの後任として2021年にアストンマーティンF1として参戦する現レーシング・ポイントと複数年契約を結んだことを発表。数か月間の噂に終止符を打った。

まだ正式発表はないものの、チームメイトはオーナーであるローレンス・ストロールの息子ランス・ストロールが務める予定。セバスチャン・ベッテルの加入は今後のチームに大きな違いをもたらすと考えているとストロールは語る。

「彼がチームに加入するのはとてもエキサイティングなことだ。彼は4回のF1ワールドチャンピオンを獲得するという信じられないような成功を収めたドライバーだし、非常に多くの知識を身につけている」とランス・ストロールは Sky Sports に語った。

「彼は周りのすべてにおいて大きな助けになるだろう。彼は途方もない量の経験を持っているし、何年にもわたって所属していたレッドブルとフェラーリから多くをもたらすことができる。チームにとっては目を見張るようなものになるだろう。僕たちは多くのことを学ぶことができると思っている」

「僕個人としても、彼は素晴らしいベンチマークになるだろう。彼は非常に成功したドライバーであり、最高のドライバーの1人なので、本当に楽しみにしている」

「明るい未来しか見えない。今年、僕たちは長い道のりを歩んできた。僕たちは正しい方向に歩み続けると信じている」

ランス・ストロールは、2020年に素晴らしいスタートを切り、現在、ドライバーズ選手権で4位につけている。主にこれはF1イタリアGPでの3位フィニッシュによるものだが、実際、レースに勝てなかったことにまだ失望しているとランス・ストロールは語る。

「僕の一部は少しがっかりしていた。嘘をつくつもりはない」とランス・ストロールは付け加えた。

「レースに勝つチャンスだたし、それを利用できなかったことに少しフラストレーションを感じた」

「同時に、表彰台は常にとても素晴らしいものだし、チームのために嬉しかった。多くのポイントをかくとくできたことも素晴らしかった。それが週末が終わって僕をチャンピオンシップ4位に導いてくれたしね」。

「表彰台に異なる顔ぶれが並ぶのは素晴らしいことだし、ファンも本当に楽しんだと思う。予期せぬものだったし、少し違ったものだった」

赤旗再開時のスタンディグスタートでランス・ストロールは2番グリッドについていた。ルイス・ハミルトンにペナルティが科せられるため、そのポジションを維持すれば優勝の可能性はあった。しかし、リスタートがうまくいかず、ピエール・ガスリーとカルロス・サインツに後塵を拝することになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランス・ストロール / セバスチャン・ベッテル / レーシングポイント / アストンマーティン