F1
ランス・ストロールは、父であるローレンス・ストロールのアストンマーティンの株式買収に言及。アストンマーティンというブランドがチームに大きな後押しを与えてえてくれると信じていると語る。

数週間前、カナダの大富豪であるローレンス・ストロールが、アストンマーティンの株式を取得し、来季からレーシング・ポイントF1チームは、アストンマティーンのワークスとして『アストンマーティンF1チーム』を名乗ることが発表された。

息子のランス・ストロールは、アストンマーティンF1チームでの将来がほぼ確保されていると言える。

「それは父のプロジェクトだ。もちろん、僕は父と話しをするし、それについても話をした。とてもエキサイティングだし、チームにとって大きな変革だと思う」とランス・ストロールはレーシング・ポイントF1チームの2020年F1チーム体制発表会でコメント。

「今はまだマシンはピンク色だし、僕たちには集中しなければならないシーズンがある。まだアストンマーティンのものに行くつもりはない」

「でも、彼らは素晴らしいブランドだし、信じられないほどの名前を持っている」

「レーシング・ポイントF1チームに関わるすべての人にとって、それは大きな向上であり、その興奮はより大きな価値をもたらしてくれる。多くの点で素晴​​らしいと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランス・ストロール / レーシングポイント / アストンマーティン