F1 ランス・ストロール エステバン・オコン
ランス・ストロールは、F1バドックでのエステバン・オコンとの友情は今後も変わらないと語る。

ローレンス・ストロールのフォースインディア買収により、来季のランス・ストロールの移籍は確実とされ、セルジオ・ペレスの残留も濃厚であることから、エステバン・オコンは来季のF1グリッドに留まれない可能性がある。

ウィリアムズは、2019年にランス・ストロールの後任としてジョージ・ラッセルとの契約を発表しており、今週、さらに状況は進展すると予想されている。

ランス・ストロールはエステバン・オコンを来季のF1グリッドから追いやる可能性のあるが、皮肉なことに二人は長年の友人である。

しかし、ランス・ストロールは、今後も2人の友情が壊れることはないと主張する。

「F1にはビジネスがあり、政治がある」とランス・ストロールは自身のInstagramに投稿。「僕にはマネジメントチームがいて、彼にもマネジメントチームがいる。僕たち二人ともが自分たちのキャリアのために最善を尽くそうとしているし、僕たちには友情がある」

「僕たちはカートで一緒に戦ってきたし、カートではホール・トゥ・ホイールのバトルをしてきた。彼は僕も所属したプレマでF3でチャンピオンを獲得した」

「僕たちにはずっと友情があるし、関係が壊れていないことを嬉しく思っている」

先月、エステバン・オコンはソーシャルメディアでファンにランス・ストロールへの誹謗中傷を止めるよう訴えていた。

「今の状況について、人々は彼のせいだと思っているみたいだけど、そうではないし、彼は何も悪くない。僕と同じくらい彼もF1にいるために懸命に頑張っている」とエステバン・オコンはコメント。

「F1では全員がここにいるために懸命に努力している。簡単な世界ではない。もちろん、僕たちは異なるバックグラウンドを持っているかもしれないけど、内面には同じ情熱、競争の精神、同じスポーツへの愛情を持っている」

「みんなにはリスペクトして、サポートを示してほしい。人生に簡単なことなんてないし、僕たちはここにいるために必死に頑張っている」

エステバン・オコンは、まだウィリアムズの2019年のドライバー候補として名前を残している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ランス・ストロール | エステバン・オコン