F1 ロバート・クビサ
ポーランドのスポーツ大臣ヴィトルド・バンカは、8年ぶりにF1レースへの復帰を果たしたロバート・クビサを称えた。

2011年のプレシーズン中のラリー事故で右腕に重傷を負ったロバート・クビサは、今年ウィリアムズで8年ぶりにF1復帰。トラブルもあり、3周遅れの最下位だったが、最後までレースを戦った。

ヴィトルド・バンカは「彼はスポーツでは最後まで戦わなければならないことを示した」とコメント。

「本当に美しいストーリーだ。彼がどのような走りをするかに関係なく、彼のことをずっと支えていく。彼は成功を達成できると信じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロバート・クビサ | ウィリアムズ