F1 ロバート・クビサ ウィリアムズF1
ロバート・クビサは、F1に復帰したことを後悔していないと語る。

2011年のプレシーズン中のラリー事故で右腕に重傷を負ったロバート・クビサは、今年ウィリアムズで8年ぶりにF1復帰を果たしたが、メルボルンでの復帰戦は散々なものとなった。

ウィリアムズはグリッドで最も遅いチームであるだけでなく、ロバート・クビサはルーキーのジョージ・ラッセルにも周回遅れにされ、3周遅れの最下位でレースを終えた。

元F1ドライバーのJ.J.レートは「彼が復帰すると聞いたときから疑問に思っていた」と Iltalehti にコメント。

「彼はあまりに長い間F1から離れていたし、ウィリアムズは現時点でかなり失っている。ドライバーができることはほとんどない」

しかい、ロバート・クビサは「いいや、復帰したことに公開はない」とメルボルンでコメント。

「去年、6週間以上、決断を検討していたし、難しくなるだろうこともわかっていた。たとえ、僕たちがオーストラリアは行く準備がそれほどできていなかったとしてもね」

「ドライバーとして、バルセロナでの日々は過去8年間で最も重要だった。自分が難しい状況になることがわかったしね。なんとか、ここではその全てに対処できたし、今はバーレーンやおそらくもっと多くのレースで再び頑張っていく必要がある」

「でも、後悔はしていない。僕は最も感情的な人間ではないけど、フィニッシュしたあと、重大な何かを達成したと感じた」

それでも、ロバート・クビサは非常に難しいレースだったと認める。

「ある時点でエンジニアからペースはいいと言われけど、自分としては静止しているように感じていたので、笑いそうになってしまったよ」とロバート・クビサはコメント。

「でも、ほんの2年前は誰も僕がレースに戻ることができるとさえ考えていなかった。これから長い戦いがまっているけど、幸せな気分でオーストラリアを離れることができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロバート・クビサ | ウィリアムズ