F1 ロバート・クビサ ウィリアムズF1
ロバート・クビサは、F1に復帰することよりも、2019年以降もF1に留まることの方が大きなチャレンジだと語る。

2011年のプレシーズンにラリーでの事故で右腕に重傷を負ったロバート・クビサは、今年ウィリアムズで8年ぶりにF1レースへのカムバックを果たす。

「F1復帰は簡単にはいかないだろう」とロバート・クビサは Telewizja Polska にコメント。

「自分のキャリアのおける最大かつ最も難しいチャレンジが僕の目の前にある。でも、それが僕が努力してきたことだ」

それだけでなく、ロバート・クビサは、2018年にグリッドで最も遅いクルマだったウィリアムズでその挑戦に立ち向かうことになる。

「前シーズンはウィリアムズにとって簡単ではなかった。でも、レギュレーションは変わるし、それによって僕たちは競争に戻ることができるかもしれない」とロバート・クビサは語る。

「僕たちが突然ベストチームになるようなことはないだろうけど、僕たちは昨年よりもクルマを良くするために懸命に頑張っている」

ロバート・クビサは、2019年の予選とレースの結果に関して“具体的な目標”は設定していないと当たる。

「僕の目標はF1に復帰することよりもさらに難しいことかもしれない。それはF1に留まることだ」とロバート・クビサは語る。

「競争は素晴らしい。世界で最高の20名のドライバーがここにるわけださい、簡単なタスクではない。特にこれほど長く離れていた身としてはね」

「クルマがとても重要になってくるだろう。クルマを改善できれば、ゴールはより簡単になるはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロバート・クビサ / ウィリアムズ