F1 ロバート・クビサ ウィリアムズ
ロバート・クビサが、2019年のウィリアムズのF1シートを獲得したのはほぼ間違いないようだ。F1公式サイトがロバート・クビサのF1復帰を伝える動画を掲載。直ちに削除された。

2011年2月にラリーでの事故で右腕に重傷を負ったロバート・クビサはしばらくF1パドックから姿を消していたが、その後、リハビリを続けてレース界に復帰。

2017年にルノーのプライベートテストでF1マシンに戻り、ハンガリーテストでルノーの最新マシンをドライブ。しかし、カルロス・サインツの加入によってルノーのF1シート獲得は叶わなかった。

だが、その後、ウィリアムズの2018年のドライバー候補に浮上。アブダビテストではウィリアムズのマシンをドライブしたが、最終的にチームはセルゲイ・シロトキンとの契約を決断。ロバート・クビサはリザーブドライバーとして公式テストとフリープラクティスで走行している。

ウィリアムズは、2019年のドライバーとしてジョージ・ラッセルの起用を発表しているが、2つ目のシートはまだ未定。しかし、複数の情報源によると、すでにウィリアムズとロバート・クビサとの契約は完了しており、今週末のF1アブダビGPの木曜日に正式発表されると報じられている。

報道によると、ロバート・クビサは、ポーランドの石油会社PKDオーレンをチームのスポンサーとしてもたらすという。

ロバート・クビサの母国ポーランドのラジオ局 RMF FM は「我々のジャーナリストはPKNオーレンがチームのスポンサーになり、1000万ユーロ(約12億8700万円)をもたらすと学んでいる」と報道。

「これはポーランド企業史上、最大のスポンサーシッププロジェクトのひとつだ。PKNのロゴはマシン、そして、ロバートとチーム全体のウェアに記載される」

このニュースを裏付けるようにロバート・クビサのニュースを発表する動画をF1公式サイトがご配信。F1デビューから復帰までの道のりをt辿ったこの動画はすぐに削除された。

Sky Italia によると、ウィリアムズは11月22日(木)の現地時間12時(日本時間17時)にアブダビで記者会見を開き、ロバート・クビサの起用を発表するという。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロバート・クビサ / ウィリアムズ