ロバート・クビサ
ロバート・クビサのラリーキャリアが、今シーズンWRC開幕戦モンテカルロで終了することになるかもしれない。

2011年シーズン前のラリーでの事故で右腕がほぼ切断されるほどの重傷を負ったロバート・クビサは、オープンホイールのマシンを操ることができなくなり、ここ数年はWRCに活動の場を移していた。

しかし、 Stuttgarter Nachrichten によると、ロバート・クビサは、財政的な問題により、WRC開幕戦以降の活動が不透明になっていると報道。

「シーズン後半のためのオプションはある」とロバート・クビサはコメント。

「レーストラックに戻ることになるかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロバート・クビサ