ロバート・クビサ
ロータスのチーム代表エリック・ブーリエは、ロバート・クビサが同チームでF1復帰する可能性はほぼないことを明らかにした。

2011年シーズン前、当時ルノーのドライバーだったロバート・クビサはラリーで重傷を負った。

その後の数カ月間、ロータスはロバート・クビサのF1復帰をサポートすると述べていたが、その後不和が伝えられていた。

エリック・ブーリエは「彼(クビサ)は数か月前に我々との連絡を絶った」と Daily Mai のF1ブログでコメント。

先週、ロバート・クビサがフォードのWRCカーをテストしたことが明らかになり、体力の回復にむけて頑張っていることが報じられた。

だが、エリック・ブーリエは「もう彼と連絡をとっていないので、いかなる仮説も立てることはでない」と主張した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロバート・クビサ | ロータス