F1韓国GP
F1韓国GPの主催者は、初のF1韓国GPがキャンセルされる恐れがあるという報道に反論している。

FIA規約では、新しいイベントの90日前にトラックの最終査察が行われることになっているが、F1チーム、メディア、スタッフは、現地入りする3週間前になっても韓国に関する不確実性が依然として高まっていることを懸念している。

韓国GPの担当者は、最終査察が鈴鹿での日本GPを終えた翌日の10月11日(月)に行われると認めている。

また、この問題はタイトル争いにも影響している。チャンピオン候補のドライバーたちは、残り3戦なのか4戦なのかわかっていない。

韓国GPの主催者KAVOのスポークスマンは27日 「工事はほぼ完成しており、10月24日のレース開催に何の問題もないだろう」と述べた。

彼は、トラックはチャーリー・ホワイティングの10月11日の査察までに間に合うと主張した。

「急いで完成させるつもりだ。2週間後に最終査察を行う際にFIA担当者は完全なサーキットを目にするだろう」

しかし、バーニー・エクレストンが韓国GPの状況に懸念している認めたため、韓国GPがキャンセルになるとの懸念は高まっている。

「エクレストンの発言を、レースのための準備をステップアップしなければならないというメッセージであると真摯に受け止めている」とスポークスマンは述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1韓国GP