ケビン・マグヌッセン 「やっぱりF1ドライバーでいるのはクールなこと」
ケビン・マグヌッセンは、今シーズン、ハースF1チームで予想外のF1復帰を果たした。復帰を振り返ったマグヌッセンは、F1ドライバーになることは「やっぱりとてもクール」なことだと語る。

今年の初め、ケビン・マグヌッセンは IMSA ウェザーテック スポーツカー選手権のチップ・ガナッシ・レーシングの主力メンバーとして、アメリカでの滞在を延長する準備が整えていた。

しかし、ロシアのウクライナ侵攻により、突然、ニキータ・マゼピンが2022年シーズンの開始前にハースF1チームとF1から追放されたことで、ケビン・マグヌッセンに複数年契約でハースF1チームに戻る機会が開かれた。

ケビン・マグヌッセンは、F1はもう過去のものだと確信していたが、ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーから予期せぬ電話を受けたとき、それは彼が断ることができなかったオファーとだったと語る。

「F1の外で人生を続けられたことをとてもうれしく思っている」とケビン・マグヌッセンは最近語った。

「僕は今でもレースをしているし、多くのレースをしてきた。父をチームメイトとしてル・マンに出走した。それはとても楽しかったし、インディカーでレースをしたり、スポーツカーでデイトナでレースをしたりした。そして、F1を逃しているような気がしませんでした。

「F1を恋しく思うようなことはなかったけど、レースを見ていて、もうあんなことはできないんだろうなと少し傷ついていた」

「だから、完全に引退したら、これらの車を運転したり、これらの車でレースをしたりするのをずっと恋しく思うと思う」

「本当に大きな特権だと思う。昨年はあるいいでそれがどれほど大きな特権であるかを強調した。一度それを失って、取り戻してみて、やっぱりF1ドライバーでいることは非常にクールだね」

ケビン・マグヌッセンは、バーレーンでの開幕戦で5位入賞を果たし、カムバックシーズンの理想的なスタートを切った。
「まだ自分自身をつねる必要がある」とケビン・マグヌッセンは語った.

「F1ドライバーになることはとても大きなことだ。それは、昨年、自分が参加していなかったときに本当に気づき始めたことの1つだ」

「外から見ると…自宅でレースの週末にどれだけの人がそれを見て、どれだけの人がそれについて話しているかが分かる。だから、僕はそれを本当に感謝していたし、それがどれほど大きいかを実感していた」

「話を戻すけど、すべてのレースに参加できることに感謝している僕は。観客の人数と規模に注意を払っている」

2022 年のまったく新しいF1レギュレーションは、チーム間の変革を約束し、ケビン・マグヌッセンの決定に影響を与えました。

「もし新しいレギュレーションがなかったら、そして、ハースが昨年と同じだったら、さらに5年間このようなルールが続いていたとしたら、おそらく躊躇していただろう」とケビン・マグヌッセンは語った。

「でも、本当にチャンスだと思った。保証はなかった。ギュンターは何も約束しなかった。でも、彼は彼らが何をしたか、そして過去数年間に彼らがどのように焦点を当てたかを説明してくれた」

「2020年にここにいたでさえ、それが計画であることはすでに明らかだった。だから、僕はそれに興奮していたし、『これはいけるしれない』と思った」

しかし、F1に属しているというステータスを超えて、ケビン・マグヌッセンはハースF1チームとかなり競争力のあるシーズンを楽しんでいる。

ハースF1チームのパフォーマンスには一貫性はなかったが、ケビン・マグヌッセンは、先月のハンガリーグランプリまで開発が凍結されていたマシンのハンドルを握り、シーズン前半にトップ10フィニッシュを 5回記録した。

ケビン・マグヌッセンは、アップグレード パッケージを理解してから最大限に活用するには少し時間がかかると警告するが、来月にF1が再開されたときに、パフォーマンスが一歩前進することを望んでいると語る。。

「もっと多くのパフォーマンスを期待している」とケビン・マグヌッセンは語った。

「でも、これらのアップグレードでは、ポテンシャルを完全に解き放つまで、マシンの特性と違いを本当に理解するのに少し時間がかかることがある」

「僕たちは一年中走ってきた車だったけど、継続的により多くのパフォーマンスを見つけてきた」

ケビン・マグヌッセン ハースF1チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / ハース