ケビン・マグヌッセン、体調不良で記者会見を欠席 / ハースF1チーム F1オーストラリアGP
ケビン・マグヌッセン(ハースF1チーム)は、メルボルンで吐き気に苦しみ、金曜日の記者会見を欠席した。

ハースF1チームは4月8日(金)にケビン・マグヌッセンが体調不良のため、金曜日の朝のドライバー会見に出席しないことを発表。それでも、プラクティスセッションには問題なく参加できるとしていた。

ハースF1チームのスポークスマンは「ケビンは夜と今朝早くに吐き気を経験した」とGPFansに語った。

「その結果、彼は今朝のFIA記者会見に出席せず、今日の午後に回復してFP1の準備をすることになる」

「彼はチームドクターに診てもらい、今日は軌道に乗ることが期待されている」

FP1は現地時間の午後1時に始まり、ケビンマグヌッセンは18周を完了し、18番手でフィニッシュ。FP2でも23周を走行し、16番手で終えている。

ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームと今シーズンF1に戻ってから2戦連続で入賞を果たしているが、F1サウジアラビアGPでは首の痛みに苦しんだ。

それ以来、ケビン・マグヌッセンがは首を強化するために「狂ったように」訓練してきたと語る。

「とても大変だった。動かなくなった神経があって、痙攣していた」とケビン・マグヌッセンはサウジアラビアでの問題についてIn the Fast Laneに語った。

「そのせいで首が硬くなり、痛みを伴わずに首を動かすことができなかった。車が何をしているのかを感じるために頭のバランスをとる必要があるので、それが起こると素晴らしいものではない。そのままで頭を横に向けなければならないときに、その感覚を失ってしまっていた」

「予選は素晴らしかった。Q3では実際に車をコントロールできなかった。チームは、予選走行にはファストラップ、スローラップ、そして、もう一回ファストラップがベストの方法だと言ったが、『これ以上は無理ないので、ファストラップを1周しよう』と言った」

「それは素晴らしいことではないけど、予想はしていた。1年間F1カーを運転しないと、首の力が失われ、元に戻す唯一の方法はF1カーを運転することだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / ハース