F1 ケビン・マグヌッセン ネイマール
ケビン・マグヌッセンは、フェルナンド・アロンソが無線で不満を訴えることを、先のサッカーワールドカップでの接触プレー後に痛がる姿が話題となったブラジル代表のネイマールになぞらえた。

前戦F1イギリスGPのレース終盤にケビン・マグヌッセンと激しく争ったフェルナンド・アロンソは、最終的にファイナルラップのターン3でマグヌッセンを攻略して8位でフィニッシュした。

だが、それまでケビン・マグヌッセンはポジションを守るために懸命に防衛を行い、ルフィールドでは2度にわたってフェルナンド・アロンソをコースから押し出している。

その行為にフラストレーションを爆発させたフェルナンド・アロンソは「マグヌッセンの動きはこれまでの人生でも見たことのない動きだ! ターン7、ターン11、ターン12で僕をコース側に押し出そうとしてきた・・・FIA、あれはおかしい。話にならない!」

このフェルナンド・アロンソの無線について質問されたケビン・マグヌッセンは、今年のFIFAワールドカップの試合で、大袈裟に痛がる演技で世界中から批判を浴びているブラジル代表のスター選手、ネイマールの名前を引き合いに出した。

「彼がいつもメディアにどんなことを言うか僕は知らない。まあ、無線ではしょっちゅう文句を言っているけどね。他のスポーツでもあるでしょ? ネイマールみたいな偉大なアスリートでも、ちょっと大袈裟にみせることもあるしね」

「あのレースは見直したし、その時に彼の無線も聞いた。見ての通りだ」

ハースF1チームのプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、スチュワードがペナルティを科さない判断したことが、フェルナンド・アロンソの不満を裏付けるような根拠はなかったことを意味していると語った。

「スチュワードが彼の文句に反応しなかったということが全てを物語っていると思う」とギュンター・シュタイナーはコメント。

「だから、それについてコメントする必要性は感じられない。確かにフェルナンドは彼の仕事をしている。彼は今いるなかでもベストドライバーの一人だし、あらゆる点で優秀だ。ここでの経験も長いし、どのボタンを押せばいいかもわかっている。そして、彼はトライする。自分から最大限のものを引き出そうとしているのは間違いないだろう。シルバーストーンではうまくいかなかったがね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケビン・マグヌッセン