小林可夢偉
小林可夢偉は、WEC開幕戦シルバーストン6時間レースをクラス2位で終えた。

今年、スクーデリア・フェラーリと契約し、アジア史上初のフェラーリ・ワークスドライバーとしてAFコルセからWEC世界耐久選手権での初レースを迎えた小林可夢偉。

GTE Proクラスの最後列からスタートした小林可夢偉の71号車は、ブルーノ・セナを擁するアストンマーチンの97号車に次ぐ2位でフィニッシュ。

途中、シルバーストンには雨が降り、スピンを喫することもあった小林可夢偉だが、初の耐久レースでもアグレッシブな走りをみせ、クラス2位に貢献した。

LMP1クラスでは、アウディが1-2フィニッシュを達成。トヨタは3位と4位でフィニッシュした。

次戦は、WEC第2戦スパ6時間は5月4日に決勝レースが行われる。

小林可夢偉 表彰台

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 小林可夢偉 | WEC (FIA世界耐久選手権) | AFコルセ