小林可夢偉
小林可夢偉 (Kamui Kobayashi)
所属:ザウバー
カーナンバー:14
国籍:日本
生年月日:1986年9月13日

小林可夢偉 プロフィール

1986年・兵庫県生まれの小林可夢偉は、1996年にカートレースにデビュー。多くのタイトルを獲得し、2001年にフォーミュラトヨタ・レーシングスクールでスカラシップを獲得。フォーミュラトヨタ・シリーズに参戦し、2003年はフル参戦初年度にして2勝を挙げシリーズ2位。翌2004年にはトヨタ・ドライバーズ・アカデミー(TDPの前身)と契約し、イタリアのフォーミュラ・ルノー・シリーズに参戦。2005年には日本人として初めてフォーミュラ・ルノーのイタリアシリーズとユーロカップシリーズ両方でのチャンピオンに輝いた。

2006年、F3ユーロシリーズにステップアップした小林可夢偉はルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得。2007年は1勝を挙げ同シリーズ4位。2008年からはF1直下のカテゴリーであるGP2シリーズとGP2アジアシリーズに参戦し、両シリーズで日本人として初めて優勝。2008年終盤から2009年前半にかけて行われたGP2アジアシリーズでは見事シリーズチャンピオンを獲得した。

また、2008年からはパナソニック・トヨタ・レーシングのサードドライバーも兼任。2009年は第15戦日本GPで体調不良のレギュラードライバー、ティモ・グロックに代わり金曜日の公式練習を走行。第16戦ブラジルGP、第17戦アブダビGPには負傷したグロックに代わって参戦。デビューレースとなったブラジルGPで9位。アブダビGPでは6位フィニッシュを果たし、初ポイントを獲得した。


小林可夢偉 経歴

2011年:ザウバー
2010年:ザウバー
2009年:パナソニック・トヨタ・レーシング
GP2シリーズ参戦
2008年:パナソニック・トヨタ・レーシング サードドライバー
GP2シリーズ参戦
2007年:F3ユーロシリーズ参戦 シリーズ4位(1勝)
パナソニック・トヨタ・レーシングでF1テストに参加
2006年:F3ユーロシリーズ参戦 シリーズ8位(ルーキーオブザイヤー)
2005年:フォーミュラルノーイタリア選手権 シリーズチャンピオン(6勝)
フォーミュラルノーユーロ選手権 シリーズチャンピオン(5勝)
2004年:フォーミュラルノーイタリア選手権に参戦 シリーズ4位(2勝)
2003年:フォーミュラトヨタシリーズ参戦 シリーズ2位
2002年:ヨーロッパカート選手権シリーズ参戦
フォーミュラトヨタ参戦
2001年:全日本カート選手権ICA シリーズチャンピオン
アジアパシフィック選手権ICA 2位
フォーミュラ・トヨタレーシングスクール受講
スカラシップ生に選出される
2000年:全日本ジュニアカート選手権
鈴鹿カート選手権 シリーズチャンピオン
1999年:SL 全日本大会(SストックDクラス)優勝
1998年:JAF カップ西地域 カデットクラス優勝
1997年:SL 全国大会 カデットクラス優勝
1996年:SL たからづか大会カデットクラス3位


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 小林可夢偉 / F1ドライバー / ザウバー