パナソニック、小林可夢偉とザウバーを支援?
パナソニックが、小林可夢偉のスポンサーとしてF1に復帰すると噂されている。

パナソニックは、トヨタが昨年末でF1から撤退するまでトヨタF1チームのタイトルスポンサーを務めており、トヨタがF1撤退を決定した時点で、パナソニックはすでに2012年末までチームのタイトルスポンサーを継続することをコミットしていた。

小林可夢偉は、昨シーズン後半にF1デビューを果たすまで、パナソニックがスポンサードするトヨタの支援を受けてヨーロッパF3やGP2などに参戦していた。

ザウバーのマネージングディレクターを務めるモニシャ・カルテンボーンは、小林可夢偉が素晴らしいパフォーマンスをみせたF1日本GP後に「日本における財政困難を理解していますが、今回のパフォーマンスが彼のサポートを推し進めてくれると願っています」と述べていた。

小林可夢偉自身もF1日本GPで、自分が日本でのF1の将来にとって重要であることに気づいていると述べていた。

「そのために僕はF1を促進しています」と小林可夢偉は述べた。

「まだ状況は厳しいのでスポンサーを探していません」

関連:
トヨタ、パナソニックとの契約を延長 - 2009年1月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 小林可夢偉 / ザウバー