小林可夢偉
小林可夢偉が、ファンにむけてコメントを発表した。

F1アメリカGPのパドックを訪れている小林可夢偉は「とにかくいま来年に向けてのアプローチが重要なのでオースティンに来ました」と述べた。

「僕はF1で戦い続けたい。そしてこのF1を日本でもっとたくさんの人に知ってもらいたい。F1にはそれだけの価値があります」

「F1にとって日本はすごく大切なマーケットだし、日本の自動車メーカーにとっても、F1そしてモータースポーツの人気が上がれば、さまざまな可能性を生み出すと思います」

「なによりも、F1で戦いつづけることで、日本の子供たちがこれからもF1に将来の夢を見られるようにしたい」

「たぶん、もっと簡単に人生を過ごす選択肢もあります。お金の問題が先行する現在のF1で、シートを維持することは非常に厳しいです。それでもチャレンジして、小さい頃から夢見ていたことを達成したい。いまはF1に残ることしか考えていません」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 小林可夢偉