小林可夢偉
小林可夢偉が、リタイアで終えたF1韓国GPの週末を振り返った。

「金曜日を走った時点で、ロングランはそこまで悪くはなさそうだったですが、軽いタンクの状態に手こずっていました。それでもここ最近は金曜日の見た目はよくないんですけど、挽回はできていたし、実際今週末も土曜日に向けていい感じで行けるようにクルマをセッティングしていました」と小林可夢偉は初日のセッションを振り返る。

「土曜日の予選は、第1セッションの最初のアタックのプライムの時にオーバーステアがひどかったので、第2セッションに向けて対策したら、それもうまくいっていて、第2セッションの最初のアタックは中古のスーパーソフトだったんですけど、いい感触でした」

「それで新品のスーパーソフトタイヤを履いた2回目のアタック入ったんですが、セクター1、セクター2とタイムアップしていたので、充分第3セッションにいけると思っていたら、最後のセクターで黄旗が出てしまいました」

「エンジニアからはコース上のどのコーナーで1台クルマが止まっているかは指示がありましたが、このサーキットは壁が近いので、実際に止まっているクルマを手前から見ることができないので、かなり慎重に走るしかなかったです。今回は予選でどこまでいけるかを楽しみにしていたし、実際に7番手、8番手くらいまで行けるパフォーマンスがあったのでそれが残念でした

「決勝レースは1周目のアクシデントでほとんどレースが終わってしまいました」

「スタートはうまくいって1コーナーをアウト側からいこうとしたら、イン側にいたクルマがどんどんと膨らんできて、ロズベルグと並んでコースの外側のランオフエリアを走り抜けました。その後、ロズベルグ、ジェンソンと争いながらストレートを走っていて、そこにチームメイトも加わって4台でくっついたり離れたりしながらターン3にアプローチしたんです。とにかく前も横も行き場がないすごく難しい状況で、ブレーキングが思っていたよりも早くて、でも避けきれなくて、とにかくニコとジェンソンには本当に悪かったなと思います」

「まさか自分が1周目にアクシデントを引き起こすとは思っていませんでしたが、僕のミスだし、チームにも申し訳なかったです」

「1周目にフロントウイングとタイヤを交換したんですが、クルマのダメージが大きく17周でリタイアとなりました。とにかく次のインドで仕切り直して、したくさんポイントを獲りたいと思います。次のサーキットは今回よりもクルマとの相性はよさそうなので、僕自身も楽しみにしています。みなさまインドGPでも応援よろしくお願いいたします」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 小林可夢偉 | F1韓国GP | ザウバー