小林可夢偉
小林可夢偉が、2日間にわたるピレリテストを振り返った。

午前中の走行を担当した小林可夢偉は、43周を走行して9番手タイムとなる1分42秒110を記録。午後は来年のチームメイトであるセルジオ・ペレスにマシンを引き継いだ。

「全体的に新しいピレリタイヤでの今回のテストは楽しかったです」とピレリタイヤでの初テストを小林可夢偉は振り返る。

「午前中クルマにいくつか技術的なトラブルはありましたが、それでもタイヤの経験をさらに積むことができましたし、来年に向けて多くのデータを得ることができました」

今回のテストで可夢偉の初F1フル参戦をともに戦ったC29での走行は最後になる。

「このクルマでの最後の走行だったので、C29にありがとうと言いたいです! チームにも感謝したいです。彼らとの作業を続けるのを楽しみにしています」

関連:
F1ピレリテスト2日目:フェルナンド・アロンソがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 小林可夢偉 / ザウバー / ピレリ