小林可夢偉
小林可夢偉が、ピレリのF1タイヤの第一印象を語った。

83周を走行した小林可夢偉は、全体で4番手タイムとなる1分40秒950を記録した。

「ピレリ製タイヤはよく出来ていると思います。新しいタイヤに対してどのような作業をして、マシンをどのように開発する必要があるかをテストしましたし、走り慣れていたものとどう違うかを学びました」と小林可夢偉はコメント。

「タイヤはかなり一貫性がありました。午前中はタイヤのたれに苦労しましたが、セットアップを変更した後は問題なかったです。とても興味深いテストでした」

小林可夢偉は、明日の午前中もピレリテストを担当。午後からは新しいチームメイトのセルジオ・ペレスが走行を引き継ぐ。

関連:
F1ピレリテスト初日:フェリペ・マッサがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 小林可夢偉 / ザウバー / ピレリ