ジョリオン・パーマー
ジョリオン・パーマーは、このF1合同テスト2日間のような日が続けば、ルノーとR.S.16にとって“酷いスタート”になると警告している。

バルセロナテスト2日目の午後、ジョリオン・パーマーはマシンの問題でストップし、終了時間を待たずに42周の走行でセッションを終えることになった。初日にもジョリオン・パーマーは37周しか走ることができていない。

ジョリオン・パーマーはトラブルについて「パワーユニットのトラブルだ。後ろから煙が出て、エンジン交換が必要だった」と述べた。

「でも、昨日の方がもっと酷かった。今日は少なくともベースラインのセットアップ作業をするためにマシンを走らせることができたし、そこで理解を掴めたのでポジティブな面もある」

「よりリアルなラップも少し増やせたけれど、僕のプレシーズンテストが半分まできたところで79周というのは理想的ではないし、来週はもっと周回数を重ねることが必要だ」

「新車の初走行を担当できたことは良かった。でも、結局のところ、ケビンの方がもっと多くラップを重ねるはずだし、彼にそれができなければ僕たちは本当に酷いスタートを切ったことになる」

ジョリオン・パーマーは、ルノーが初期トラブルを乗り越えられると確信しているが、メルセデスが2日間で328周している以上、理想的なスタートとは言いがたいと考えている。

「現在、僕たちはどんようにソリューションを見つけるかはわかっている。でも、2日間の平均は40周だし、メルセデスが150周を走れるという状況の中で自信を持つことはできない。修正する方法はわかっているので、もっと周回数を伸ばせることを期待している」

今年F1デビューを果たすジョリオン・パーマーが、開幕戦オーストラリアGPまでに走行できるのは4日間。その前半2日で79周しか走れなかったことは希望には程遠い数字だ。

「1日100周できればと思ってこのテストに来たけれど、初日は難しくなるかもしれないとわかっていた。初日の困難は今日の走行の役に立たなかったし、2日間で79周はあまりに少なすぎる。でも、仕方がないことだ。パワーユニットが変わり、実質的に新しいチームなので、こういうことが起こり得るものだけど、2日目の早い段階でそれが来てしまったのはとても残念だ」

関連:2016年 F1バルセロナテスト2日目:フェラーリがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョリオン・パーマー / ルノー