F1日本GP スターティンググリッド
FIAは、F1日本GP 決勝スターティンググリッドを発表した。

ポールポジションは鈴鹿でのF1ラストランとなるマーク・ウェバー、2番手にはセバスチャン・ベッテルが並びレッドブルがフロントローを独占。

2列目にはルイス・ハミルトン(メルセデス)とロマン・グロージャン(ロータス)が並びレッドブルを追撃する。

エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)は、土曜日にギアボックスを交換したことで5グリッド降格。

またシャルル・ピック(ケータハム)とジュール・ビアンキ(マルシャ)は、前戦F1韓国GPでシーズン3度目の戒告処分を受けたため、10グリッド降格ペナルティを科せられる。

ペナルティの適用の順番により、エイドリアン・スーティルが最後尾からスタートする。

またシャルル・ピックは、予選Q1での赤旗中断後、ピットレーン出口の赤信号を無視したとして、ドライブスルーペナルティを科せられており、スタート後5周以内でペナルティを消化しなければならない。

F1日本GPで、セバスチャン・ベッテルが優勝、フェルナンド・アロンソが9位以下の場合、ベッテルの4連覇が決定する。

2013年 F1 日本GP スターティンググリッド

Pos.No.ドライバーチーム
12マーク・ウェバーレッドブル
21セバスチャン・ベッテルレッドブル
310ルイス・ハミルトンメルセデスAMG
49ロマン・グロージャンロータス
54フェリペ・マッサフェラーリ
69ニコ・ロズベルグメルセデスAMG
711ニコ・ヒュルケンベルグザウバー
83フェルナンド・アロンソフェラーリ
97キミ・ライコネンロータス
105ジェンソン・バトンマクラーレン
116セルジオ・ペレスマクラーレン
1214ポール・ディ・レスタフォース・インディア
1317バルテリ・ボッタスウィリアムズ
1412エステバン・グティエレスザウバー
1516パストール・マルドナドウィリアムズ
1619ダニエル・リカルドトロ・ロッソ
1718ジャン・エリック・ベルニュトロ・ロッソ
1823マックス・チルトンマルシャ
1921ギド・ヴァン・デル・ガルデケータハム
2020シャルル・ピックケータハム
2122ジュール・ビアンキマルシャ
2215エイドリアン・スーティルフォース・インディア


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1日本GP