F1エミリア・ロマーニャGP:光回線の問題でデータシステムがダウン
F1エミリア・ロマーニャGPのフリー走行1回目に地元の光ファイバー回線の問題に見舞われたことでF1チームはデータシステムがダウン。一部チームは“ブラインド”で走行を続けた。

フリー走行1回目の開始時、F1のデータシステムはダウンしたが、“リカバリーモード”へ迅速に切り替えたことで、少なくとも基本的な操作は衛星リンクを介して続行することができた。

しかし、通常Live Timingで取得できるタイヤヒストリーなどの情報は欠けていた。チームも影響を受け、ピットウォールとコース上のマシンとの通信が1時間のセッションの一部で機能していなかった。

「確かに大きな問題だった」とフェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは確認した。

「すべてのチームでまったく同じ問題が発生したかどうかはわからないが、我々に非常に困難な状況だった」

「ピットからのドライバーとのコミュニケーションは、安全性、機能性、信頼性のためにも常に非常に重要だ。パフォーマンスだけでなく、すべてがスムーズに実行されていることを確認している」

「問題が発生した場合、対応方法やコミュニケーション方法がわからないため、この種の問題は深刻だ」

「我々に関しては、特にシャルルにとって非常に困難だった。彼とコミュニケーションをとる方法がなかった」

「我々はレース用のパワーユニットを走らせている。なぜなら、それらのパワーユニットはバーレーンで取り付けられたものであり、週末を通して使用されるからだ」とマッティア・ビノットは説明した。

「小さな問題が発生したため、最初の実行を中止した」

マッティア・ビノットは、データの問題には、赤旗へと繋がったエステバン・オコンとセルジオ・ペレスの衝突の原因となったGPS情報の損失も含まれていたことを指摘した。

データの問題は、インシデントの車載カメラ映像も利用できないことを意味した。スチュワードはその後、酌量すべき事情のためにそれ以上のアクションをとらないことを決定した。

「後続のマシンについて彼にアドバイスを与えることができないので、まったく自発的ではなくとも状況を妨げる可能性がある」とマッティア・ビノットはチームが直面した課題について説明した。

「ドライバーにとっても、誰が遅れを取っているのかを知るのはは非常に難しい」

アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、彼のチームもセッション中にラップタイムがわからない状況だったと語った。

「少なくとも安全性に関するデータはあった」とフレデリック・ヴァスールは述べた。

「セッション途中までの最初のスティントだったので、私にとっては問題なかった。ドラマではなかった」

しかし、キミ・ライコネンとアントニオ・ジョヴィナッツィは、暗闇に残されることに満足していなかった。

「ドライバーは無線について不平を言っていた」とフレデリック・ヴァスールは認めた。

「だが、20年前、彼らは無線なしで運転することができていた!」

アストンマーティンF1のチーム代表を務めるオトマー・サフナウアーは「まるでピットウォールに目隠しをされているようだった」と語った。

「ドライバーとのコミュニケーションさえ機能していなかった。それは物事をはるかに困難にした」

「そういったデータを失うまで、どれだけデータに依存しているのか理解できないと思う」

COVIDプロトコルは、F1が各レース会場に移動する技術スタッフとITスタッフの数を最小限に抑え、代わりに英国のビギンヒルに拠点を置くことを選択している。

しかし、F1のボスは、失敗はF1のグローバルなインフラストラクチャではなく、イモラのローカルなものであり、昼休みに対処されたと述べた。2回目のプラクティスは通常どおり進行し、完全なサービスが復元され、それ以上の問題は発生しなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1イタリアGP