インディカー・シリーズ 佐藤琢磨 開幕戦
2018年のインディカー・シリーズ 開幕戦セントピーターズバーグの決勝が11日(日)に行われ、セバスチャン・ブルデーが優勝。佐藤琢磨は12位でレースを終えた。

2018年のインディカー・シリーズがいよいよ開幕。今年もシーズン開幕戦の舞台はフロリダ州のリゾート地、セント・ピーターズバーグ。海辺の空港と市街地の道路を利用したコースは、広い滑走路を使った高速セクションと、次々とタイトターンを走り抜けるテクニカルなセクションで構成される。

開幕戦には24台のマシンがエントリー。2018年シーズンのインディカーは、空力パッケージを一新。出場全車がユニバーサルキットと呼ばれる同じ空力パッケージで走る。

110周で行われたレースは、8度のフルコースイエローの入る波乱の展開。ポールポジションからスタートしたロバート・ウィッケンズ(シュミット・ピーターソン)とアレキサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポーツ)が優勝を争うかに見えたが、8度目のリスタートで両者は接触。1周目にパンクでピットインを強いられ、他とは異なる戦略を採っていたセバスチャン・ブルデー(デイル・コイン)がトップに浮上してチェッカー。昨年の開幕戦に続き、2年連続でセントピーターズバーグのレースを制した。

2位にはグラハム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン)、3位にはアレキサンダー・ロッシが続いた。

5番グリッドからスタートした佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン)は順調にレースを進めていたが、35周目にブレーキングに失敗したスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)に後ろから追突される不運。右リアタイヤをパンクさせて、リードラップの最下位まで後退。最終的に12位でレースを終えた。

2018 インディカー 開幕戦セントピーターズバーグ 結果

PosNoDriverTeam 
118セバスチャン・ブルデーDale Coyne RacingH
215グラハム・レイホールRahal Letterman Lanigan RacingH
327アレキサンダー・ロッシAndretti AutosportH
45ジェームス・ヒンチクリフSchmidt Peterson MotorsportsH
528ライアン・ハンターレイAndretti AutosportH
69スコット・ディクソンChip Ganassi RacingH
71ジョセフ・ニューガーデンTeam PenskeC
810エド・ジョーンズChip Ganassi RacingH
998マルコ・アンドレッティAndretti AutosportH
1012ウィル・パワーTeam PenskeC
1114トニー・カナーンAJ Foyt Racing C
1230佐藤琢磨Rahal Letterman Lanigan RacingH
1322シモン・パジェノーTeam PenskeC
1488ギャリー・チャペスHarding RacingC
1521スペンサー・ピゴットEd Carpenter RacingC
1626ザック・ビーチAndretti AutosportH
1719ザカリー・クラマン・デメロDale Coyne RacingH
186ロバート・ウィッケンズSchmidt Peterson MotorsportsH
1959マックス・チルトンCarlinC
2023チャーリー・キンボールCarlinC
2120ジョーダン・キングEd Carpenter RacingC
2232レナ・バインダーJuncos RacingC
2360ジャック・ハーヴェイMichael Shank Racing with SPMH
244マテウス・レイストAJ Foyt Racing C


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: インディカー