インディ500
2019年 インディカー 第6戦 「第103回 インディナポリス500」の公式予選前としては最後のプラクティスとなる“ファストフライデイ”が5月17日(金)にインディアナポリス・モーター・スピードウェイで行われた。

第103回インディアナポリス500(インディ500)は、火曜日から公式練習が続けられ、「ファストフライデイ」と呼ばれる金曜日を迎えた。予選用にターボのブースト圧が引き上げられ、パワーアップしたエンジンで走行するため、スピードが大幅にアップする。

トップに立ったのはアンドレッティ・オートスポーツのコナー・デイリー。57周を走行して231.704mphをマーク。2番手にもマルコ・アンドレッティが続き、アンドレッティが1-2でセッションを終えた。

3番手には佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)が続いた。41周を走行した佐藤琢磨は230.755mphをマーク。ホンダエンジンがトップ3を占めた。

マクラーレン・レーシングから参戦するフェルナンド・アロンソは229.328mphをマークして24番手だった。

2019年のインディ500は新たな予選フォーマットを採用。予選1日目となる土曜日には10番グリッドから30番グリッドまでが決定。予選2日目となる日曜日にはまずは31番グリッドから33番グリッド、そして、ポールポジションから9番グリッドが決定する。

Po.No.DriverTeam SppedLaps
125コナー・デイリーアンドレッティ・オートスポートH231.70457
298マルコ・アンドレッティアンドレッティ・ハータ・オートスポートH230.85142
330佐藤琢磨レイホール・レターマン・ラニガンH230.75554
421スペンサー・ピゴットエド・カーペンター・レーシングC230.47125
528ライアン・ハンターレイアンドレッティ・オートスポートH230.46643
620エド・カーペンターエド・カーペンター・レーシングC230.35826
722シモン・パジェノーチーム・ペンスキーC230.32615
823チャリー・キンボールカーリンC230.29036
92ジョセフ・ニューガーデンチーム・ペンスキーC230.28142
1063エド・ジョーンズエド・カーペンター・レーシングC230.10617
1112ウィル・パワーチーム・ペンスキーC230.06138
1214トニー・カナーンA.J.フォイト・レーシングC230.01121
1324セージ・カラムドレイヤー&レインボールドC229.93243
1427アレクサンダー・ロッシアンドレッティ・オートスポートH229.87846
1518セバスチャン・ブルデーデイル・コイン・レーシングH229.86950
169スコット・ディクソンチップ・ガナッシH229.84954
1726ザック・ビーチアンドレッティ・オートスポートH229.81148
183エリオ・カストロネべスチーム・ペンスキーC229.68749
1919サンティノ・フェルッチデイル・コイン・レーシングH229.57730
207マーカス・エリクソンアロウ・シュミット・ピーターソンH229.51239
2160ジャック・ハーベイマイヤー・シャンク・レーシングH229.46644
2215グラハム・レイホールレイホール・レターマン・ラニガンH229.44941
2333ジェームス・デイビソンデイル・コイン・レーシングC229.36934
2466フェルナンド・アロンソマクレーン・レーシングC229.32877
2588コルトン・ハータハーディング・スタインブレナーH229.09426
2648J.R.ヒルデブランドドレイヤー&レインボールドC228.74129
274マティアス・レイストA.J.フォイト・レーシングC228.66434
2877オリオール・セルビアアロウ・シュミット・ピーターソンH228.58047
295ジェームス・ヒンチクリフアロウ・シュミット・ピーターソンH228.56051
3010フェリイックス・ローゼンクヴィストチップ・ガナッシH228.46964
3139ピッパ・マンクラウソン-マーシャル・レーシングC228.26938
3242ジョーダン・キングレイホール・レターマン・ラニガンH228.04656
3359マックス・チルトンカーリンC227.57751
3431パトリシオ・オワードカーリンC227.51338
3581ベン・ハンレイドラゴンスピードC226.66781
3624セージカラムドレイヤー&レインボールドC226.5385
3732カイル・カイザーユンコス・レーシングC129.8301


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: インディカー