ダリオ・フランキッティ
ダリオ・フランキッティは、先月のヒューストンでの事故による怪我の影響により、レースを引退することを発表した。

4度のインディカーチャンピオンであるダリオ・フランキッティは、ヒューストンの最終ラップでフェンスに激突し、脊髄損傷、脳震盪、足首の骨折に見舞われた。

ダリオ・フランキッティは、2000年にジャガーでF1カーをテストしたことがあるが、キャリアの大部分をアメリアで過ごし、チャンプカーとインディカーで戦った。

「ヒューストンでのレース事故以降、多くの医師や看護婦といった専門家のお世話になってきた。彼ら全員が僕の健康と安全、回復に最優先事項に考えてくれた」とダリオ・フランキッティはコメント。

「過去数週間にわたって受けてきた治療に心から感謝している。また、家族や友人の信じられないくらいのサポートにも感謝したい」

「事故から1ヶ月が経ち、頭部と脊髄損傷の治療と評価をしてくれた専門医のアドバイスに基づくと、レースを止めなければならないというのが彼ら最高の医師たちの見解だった」

「彼らは、更なるレースに関与することはがあまりにリスクが大きく、僕の長期的な健康を害する恐れがあることを非常に明白に示した。この医師の診断に基づき、私は立ち止まるほかなかった」

「レースは30年以上もの間、僕の人生だった。ドライビングをここで終えると考えるのは本当に難しいことだ。4度目のインディ500制覇と5度目のチャンピオン獲得を目標にチップ・ガナッシ・レーシングで挑む2014年シーズンを本当に楽しみにしていた」

関連:フランキッティ、佐藤琢磨との大クラッシュで骨折。観客にも負傷者 - 2013年10月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: インディカー