F1 シモン・パジェノー
2019年のインディ500ウィナーであるシモン・パジェノーは、F1マシンをテストしたいと語る。

2016年にインディカーでチャンピオンを獲得しているシモン・パジェノーは、F1ハンガリーGPにルノーF1チームのゲストとして訪問。レースではチェッカーフラッグを担当した。

「F1は大好きだよ」とシモン・パジェノーは RMC にコメント。

「ハンガリーでは友人に会ってり、数名の人に挨拶した。ルノーが僕を招待してくれたんだ。嬉しかったけど、今のところ、僕の将来はインディカーでやっていることだね」

しかし、シモン・パジェノーは、自分のキャリアをスタートしたヨーロッパのレースにまだ興味を持っているとし、“ル・マンに戻って自分で始めた仕事を完了させる”計画があると語る。

「F1カーをテストしてみたい。どんなクルマなのか見てみたいんだ」とシモン・パジェノーはコメント。

「素晴らしいだろうね。でも、それが実現するという意味ではない。それにロジャー・ペンスキー(インディカーでのボス)にも同意を得なければならない」

シモン・パジェノーは、ペンスキーとの契約状況についてコメントは避けたが、アメリカにモータースポーツキャリアの場所を移したことに後悔はないと語る。

「それが僕の道だった。そして、僕は成功した」とシモン・パジェノーは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: インディカー