F1インドGP ブッダ・インターナショナル・サーキット
2011年に初開催されるF1インドGPの主催者は、サーキットの名称を「ブッダ・インターナショナル・サーキット(Buddh International Circuit)」に変更した。

現在、インドのニューデリーで建設が進められているサーキットは、これまで主催者のジャイピー・スポーツ・インターナショナルにちなみ「ジャイピー・インターナショナル・レース・サーキット」と呼ばれていた。

ジャイピー・スポーツ・インターナショナルのマネージングディレクターを務めるサメール・ガウアーは、インドの派遣団を率いて今週末のマレーシアGPを訪れている。

「我々はマレーシアの成功したレースを徹底的に調査したい」とサメール・ガウアーは ベルナマ通信 にコメント。

サメール・ガウアーは、今回のセパン訪問でサーキット名称を「ブッダ・インターナショナル・サーキット」に変更したことを発表した。

「名称は平和と静けさを意味する単語のブッダからとった」

F1インドGP サーキット解説



関連:F1-Gate.com YouTubeチャンネル

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1インドGP