ニコ・ヒュルケンベルグ、再び代役参戦「バーレーンより準備は整っている」 / アストンマーティンF1チーム サウジアラビアGP プレビュー
アストンマーティンF1チームから2022年F1第2戦サウジアラビアグランプリにセバスチャン・ベッテルの代役として再び出場することが決定したニコ・ヒュルケンベルグがレース週末にむけての意気込みを語った。

前戦バーレーングランプリ直前に新型コロナウイルスに感染したセバスチャン・ベッテルの代役として、チームのリザーブドライバーを務めるニコ・ヒュルケンベルグが急遽招集されて出場することになった。

残念ながら、第2戦の週末を迎えてもセバスチャン・ベッテルに陰性の結果が出なかったことから、第2戦サウジアラビアグランプリもニコ・ヒュルケンベルグの代役出場が決定。

バーレーンでは、サーキット入りしてからシート合わせをするなど、ぶっつけ本番でAMR22でセッションに挑んだニコ・ヒュルケンベルグだったが、今回はレース間に英国のファクトリーでシミュレーター作業を実施しており、第1戦での経験と合わせてより準備が整っていると語る。

「先週末のバーレーンでAMR22に慣れた後、サウジアラビアでのレースは、車の理解を深め、さらに向上させる機会を与えてくれる」とニコ・ヒュルケンベルグは語った。

「さらに、今週初めにシミュレーターで行った作業は、僕にいくつかの追加の洞察を与え、この速くて流れるようなトラックの準備をするのに役立った」

「もちろん、セバスチャンが迅速に回復することを願っている。でも、僕は挑戦を本当に楽しみにしているし、今週末はチーム全体のためにベストを尽くすつもりだ」

ニコ・ヒュルケンベルグ アストンマーティンF1チーム 2022年サウジアラビアグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / アストンマーティン / F1サウジアラビアGP