ニコ・ヒュルケンベルグ、エド・カーペンター・レーシングと交渉との報道
ニコ・ヒュルケンベルグは、2022年にF1グリッドに戻れない場合の選択肢として、エド・カーペンター・レーシングとインディカーのシートについて交渉を行っている。

現在、ニコ・ヒュルケンベルグは、アストンマーティンF1のリザーブドライバーを務めており、2022年のウィリアムズとアルファロメオの潜在的な空席に結び付けられている。

昨年、ニコ・ヒュルケンベルグは、インディカーのチームから関心を集めたが、F1のチャンスを優先。今年も同様の立場にある。

しかし、 RACER は、ニコ・ヒュルケンベルグとエド・カーペンター・レーシングが2022年のロード/ストリートコースの契約の可能性について話し合ったと報道。

エド・カーペンター・レーシングは、再びNo.20エントリーでオーバルに参戦する予定となっている。交渉は初期段階にあると考えられているが、コナー・デイリーも必要な資金を確保できれば、シートを継続するためのフレームに留まっている。また、インディライツのチャンピオンであるデイビット・マルカスも候補者に挙げられている。

今年、インディカーに転向したロマン・グロージャンは活躍をみせており、来季はアンドレッティ・オートスポーツへの移籍が噂されている。ニコ・ヒュルケンベルグも将来のインディカーでの活躍が期待されているF1ドライバーの一人だ。

しかし、ニコ・ヒュルケンベルグは、ウィリアムズF1のレーダーに乗っており、2010年にF1デビューを果たしたチームに復帰する可能性がある。
最近、2022年にニコ・ヒュルケンベルグと契約する可能性について質問されたウィリアムズF1のCEOを務めるヨースト・カピトは、彼が検討中のドライバーのひとりであることを認めている。

「現時点では、来年に獲得可能なドライバーは誰も除外するつもりはない。ニコも来年は獲得可能だ」とヨースト・カピトは語った。「我々はかなり長いリストがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / インディカー