ニコ・ヒュルケンベルグ、ハースもしくはウィリアムズでF1復帰を目指す
ニコ・ヒュルケンベルグは、2022年にハースもしくはウィリアムズでF1復帰を目指していることを否定しない。

2019年にフルタイムのF1シートを失ったニコ・ヒュルケンベルグだが、昨年はレーシング・ポイントの“スーパーサブ”を務め、今年はアストンマーティンとメルセデスの正式なリザーブドライバーの役割を担っている。

今年6月に結婚した妻が第一子を妊娠しているニコ・ヒュルケンベルグは、エンツォ・フェラーリの有名な予言 - F1ドライバーは父親になると遅くなる - が自分にとって現実になるとは考えていない。

「偉大なエンツォ・フェラーリに反論するべきではないけど、彼が間違っていることを証明したい」とニコ・ヒュルケンベルグは笑う。

実際、レースへの炎はまだ燃えているとニコ・ヒュルケンベルグは語る。

「正直なところ、レースがかなり恋しい。アクティブなドライバーとしてモータースポーツに多くのことを提供できると感じている」とニコ・ヒュルケンベルグは語る。

「休憩は人生を少しリラックスさせた。実際、外に出てみてなければ、絶え間なくプレッシャーがかかっていたことに気づかないものだ」

ニコ・ヒュルケンベルグは、何人かは明かさないものの、F1チーム代表と話し合っていることを認める。

「逆の数は言えるけどね。メルセデス、レッドブル、フェラーリだ」とニコ・ヒュルケンベルグは語る。

「真面目な話、彼らのための機会があれば誰もが良い結果を出せると思う。でも、トップチームのドアが閉まっていることに幻想は抱いていない」

ジョージ・ラッセルがメルセデスに移籍することが予想されており、ミック・シューマッハもアルファロメオへの移籍が噂されている。そのため、ウィリアムズとハースには2022年の空席ができる可能性がある。

これら2チームについて質問されたニコ・ヒュルケンベルグは「言ったように、詳しくは語りたくない」と答えた。

ニコ・ヒュルケンベルグは無給でレースをする準備ができているとも噂されている。

「自分はまだF1に属していると確信している。それは自分自身を無給で提供するからではなく、パフォーマンスが正しいからだ」とニコ・ヒュルケンベルグは語る。

「何かが本当に優れていれば、それに応じて報われるべきだと僕は信じている」

また、ニコ・ヒュルケンベルグは、F1復帰と真剣にリンクされるのはおそらく最後のチャンスだと認めている。

「フェルナンド・アロンソは2年間離れて戻ってきたけど、彼は2回のワールドチャンピオンでもある」とニコ・ヒュルケンベルグは語った。

「それは自分がどれだけ現実的でなければならないかを示していると思う。今回がうまくいかない場合、F1の章は終わりだ」

ニコ・ヒュルケンベルグはバックアッププランとしてDTMに参戦することは除外しているが、ロマン・グロージャン、マーカス・エリクソン、その他の元F1ドライバーが活躍しているインディカーに注目している。

「インディカーのレースをいくつか見たけど、米国が家族としての僕たちの選択肢であるかどうかはまだ分からない」とニコ・ヒュルケンベルグは語った。

「でも、僕はオープンホイールに固執したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / ウィリアムズ / ハース