ニコ・ヒュルケンベルグ、ウィリアムズ移籍を除外「僕はふわさしくない」
ニコ・ヒュルケンベルグは、ウィリアムズ移籍を自らの口で除外した。

今シーズン末でルノーのF1シートを失うニコ・ヒュルケンベルグは、2020年にF1シートを獲得できなければ、それがF1引退に繋がることを示唆している。

ニコ・ヒュルケンベルグは、アルファロメオ・レーシングと交渉をしていることは認めているが、2010年にF1キャリアをスタートさせた現在のバックマーカーであるウィリアムズへの移籍は否定している。

「僕は彼らにふさわしいドライバーではないと思う。彼らには他の誰かが必要だ」とニコ・ヒュルケンベルグはコメント。

「彼らには心から敬意を払っているし、彼らの置かれている状況を考えれば、今はあのチームに行くには最適なタイミングではないと思う」

ウィリアムズでロバート・クビサの後任としてレースドライバーを務めるのはニコラス・ラティフィだと考えられているが、クレア・ウィリアムズはF1アブダビGPが終了するまでドライバーラインナップの発表はないとの述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / ウィリアムズ