F1 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノーF1
ルノーのディレクターを務めるアラン・プロストは、ニコ・ヒュルケンベルグに新たな1年契約をオファーしていたが、彼がそれを断っていたことを明らかにした。

先週、ルノーは、2020年にむけてメルセデスからエステバン・オコンを獲得したことを発表。契約は2年契約で、ルノーは今後2シーズンをエステバン・オコンとダニエル・リカルドというラインナップで戦うことになる。

この決定により、ニコ・ヒュルケンベルグは今シーズン限りでルノーのシートを失うことになったが、アラン・プロストはルノーはヒュルケンベルグに残留をオファーしていたと明かす。

「決定的だったのは、我々はニコ・ヒュルケンベルグに2021年のオプション付きの1年契約をオファーしたが、彼はオプションではなく2年契約を望んだことだ」とアラン・プロストは Canal Plus に語った。

「言うまでもなく、彼はルノーのために素晴らしい仕事をしてくれたが、3年が経ち、彼は我々全員が期待したほどシャシーに関して素早く進歩していないことに気付いた」

「もっとフレッシュで、熱意のある人が必要だった。エステバン・オコンは、チームにまったく新しいダイナミクスをもたらす」

ニコ・ヒュルケンベルグは、ルノーを辞めることを決断した理由について詳しく述べた。

「物事には繋がりがあるよね? 僕はここに3年いる。2017年は順調に推移し、2018年もまだ順調だった。今年は非常に厳しい年になっている」とニコ・ヒュルケンベルグはスパで報道陣に語った。

「そして、困難な年には、変化を望むか、何かを与えなければならないことがある。そのことが少し貢献し、この決定につながった」

「続けられないのは残念だ。特に今年は一歩踏み出したいと思っていたが、まだそれを手に入れることができなかったからね。状況はそんな感じだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / ルノー