F1 ニコ・ヒュルケンベルグ ダニエル・リカルド
ニコ・ヒュルケンベルグは、今年レッドブル・レーシングから移籍してくるダニエル・リカルドが、ルノーF1チームに技術的な後押しをもたらすと考えている。

ダニエル・リカルドは、5シーズンで7勝を挙げたレッドブル・レーシングを離れ、今年からルノーF1チームに移籍。ニコ・ヒュルケンベルグのチームメイトになる。

「僕たちドライバーは、エンジニアではないし、エアロダイナミストでもない」とニコ・ヒュルケンベルグは Auto Motor und Sport にコメント。

「彼はバージボードの作り方を僕たちに教えられるわけではない。でも、彼はレッドブルが様々なシステムでどのようなことをしていたか、クルマをどのようにセットアップしていたかを説明することによって僕たちを助けることができる」

また、ダニエル・リカルドの加入は、メルセデス、フェラーリ、レッドブルとのギャップを縮めようとしているルノーに“新鮮な変化”をもたらしてくれると考えている。

「例えば、彼はクルマのセットアップ方法などの情報をレッドブルから持ってきてくれる。それは確実に興味深いものになるだろう」とニコ・ヒュルケンベルグは語る。

2019年はオーバーテイクを促進するために空力レギュレーションが変更されることで、ルノーのようなチームがトップ3チームとのギャップを縮める大きなチャンスになる可能性があると考えられている。

「新しいフロントウイングがどのような結末を生むかは誰もはっきりとはわからない」とニコ・ヒュルケンベルグはコメント。

「でも、完全な再起動ではないし、ソフトなリセットと言った方がいいかもしれない。ファクトリーチームとして、もっと上位に近づくことが僕たちの目標であることに違いはない」

「ラスト数戦で僕たちは上位勢から1~2秒くらい遅れていたし、少なくともそれを半分に縮められるように頑張っていく必要がある」

その一方で、ルノーがギャップを縮めるためにはもっと多くの時間が必要だとニコ・ヒュルケンベルグは考えている。

「フェラーリとレッドブルもメルセデスを捕えるには時間がかかった。僕たちにも同じ時間が必要だ」

「現在では、F1にやってきて、他を吹き飛ばせるチームはいない。そうするはとにかく全てが複雑になりすぎている。まずは正しい人々を見つけることだ。そのすべてには時間がかかる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ヒュルケンベルグ | ルノー | ダニエル・リカルド