ニコ・ヒュルケンベルグ
ニコ・ヒュルケンベルグのマネージャーを務めるウィリー・ウェバーは、ヒュルケンベルグが2011年を“金曜ドライバー”として過ごす予定であることを強くほのめかした。

「1年間休止することも考えていた」とウィリー・ウェバーは認めた。

「しかし、今日の世界ではすぐに忘れられてしまう。なので、少なくとも金曜日のプラクティスに参加できる良いチームとともにいる方がまだニコにとっては良いと考えている」

「それが彼にとって理想的な代替案だ」

ニコ・ヒュルケンベルグは、フォース・インディアで金曜ドライバーを務めることが強く噂されている。

「正式発表前は何も言うことはできない」とウィリー・ウェバーは Auto Motor und Sport に述べた。

まだヒスパニア・レーシングに空席が残っているが、ウィリー・ウェバーはヴァージン・レーシングからオファーがあったことを明らかにしたうえで、フォース・インディアでの金曜ドライバーの役割が最高の選択肢であることを示唆した。

「ニコのようなすでにシーズンを経験しているドライバーにとっては、小規模チームから学ぶことは何もない」

「ヴァージンからオファーがあったのは非常に喜ばしいことだったが、すでにしばらくそこにいるもう一人のドイツ人のティモ・グロックとでは、あまりにリスクが大きかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ヒュルケンベルグ