ホンダ、歴代F1タイトル獲得マシンをウエルカムプラザ青山で特別展示
ホンダは、2021シーズンのF1世界選手権でのタイトル獲得を祈念して、かつてのF1タイトルを獲得したマシンを展示する『Honda F1 2021 2nd Stage~夢は挑戦の先にしかない~』をホンダウエルカムプラザ青山において9月21日~10月18日の期間開催する。

今季限りでF1撤退が決定しているホンダは、レッドブル・レーシングともに両方のチャンピオンシップを戦っている。現在、ドライバーズ選手権でマックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンに5ポイント差をつけてリード。コンストラクターズ選手権ではメルセデスを18ポイント差で追っている。

ホンダは、2021年の優勝を祈念してかつてチャンピオンを獲得したF1マシンをホンダウエルカムプラザ青山に集結。ウイリアムズ・ホンダ FW11(1986年)、ウイリアムズ・ホンダ FW11B(1987年)、マクラーレン・ホンダ MP4/4(1988年)、マクラーレン・ホンダ MP4/5(1989年)、マクラーレン・ホンダ MP4/5B(1990年)、マクラーレン・ホンダ MP4/6(1991年)を展示する。

また、レッドブル・レーシング・ホンダとスクーデリア・アルファタウリ・ホンダの2021年のカラーリングを施したショーカー、そして、2021年のF1パワーユニット「RA619H」も合わせて展示する。

また、10月7日(木)からは幻のF1日本GPをWeb上で開催する特設サイト「Honda Japanese Virtual Grand Prix」を公開。Hondaウエルカムプラザ青山にて開催する特別展を360度カメラで撮影し、「Honda F1 2021 2nd Stage ~夢は挑戦の先にしかない~」をデジタルで公開する。

関連:ホンダ、中止となった“幻のF1日本GP”をWeb上でバーチャルで実施

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / アルファタウリ