ホンダF1、角田裕毅のアルファタウリでのF1デビューについて交渉
ホンダF1は、角田裕毅の2021年のアルファタウリ・ホンダでのF1デビューについてレッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコと交渉している。

ホンダF1の育成ドライバーである角田裕毅(20歳)は現在F2でランキング3位につけており、2021年にダニール・クビアトに代わってアルファタウリ・ホンダでF1デビューを果たすとの見方が強まっている。

「100戦以上の経験のあるダニール・クビアトだが、明らかにピエール・ガスリーの影に隠れてしまっており、角田裕毅を差し置いて彼が選ばれることはないだろう」とフランスの Auto Hebdo は予想。

イタリアの Corriere dello Sport も「クビアトは2021年に角田裕毅の餌食になるだろう」と報じている。

ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は、レッドブルF1のドライバープログラムを率いるヘルムート・マルコと交渉していることを否定していない。

「ロシアでのレース後にマルコと話をしたところ、2戦目に赤旗を立てられたのは残念だと言っていました。結果として、彼(角田)は現時点でチャンピオンシップ3位になっています」と山本雅史はコメント。

角田裕毅のF1昇格のニュースがいつ聞けるのかとの質問に山本雅史は「ロシア直後の発表は期待していません」とコメント。

「しかし、すでに10月であり、可能性についてマルコとの忙しく話し合っています」

「マルは角田の大ファンですが、まだ結論は出ていません」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / アルファタウリ / 角田裕毅