【動画】 ホンダF1、歴代F1エンジンのサウンドを公開
ホンダF1は、歴代のF1エンジンのサウンドを公開した。

新型コロナウイルスの世界的な大流行によって序盤10戦が延期・中止となるなど活動休止状態となっていた2020年のF1世界選手権だが、7月5日のオーストリアGPでいよいよシーズンは再開する。

レッドブル・ホンダF1は6月25日(木)にフィルミングデーを利用して2020年F1マシン『RB16』でのテスト走行を実施。ホンダの2020年型F1パワーユニット『RA620H』のサウンドがシルバーストーン・サーキットに響き渡った。

ホンダF1は、1994年から今年までの象徴的なF1エンジンのサウンドを公開。1989年にアイルトン・セナとアラン・プロストが16戦15勝という圧倒的な強さを見せた1989年 RA109E (3500cc V10)など、“RA(Racing Automobile)”の名前が掲げられた数々のホンダサウンドが楽しめる。


1964年 RA271(1500㏄ V12)
1983年 RA163E (1500cc V6ターボ)
1988年 RA168E (1500cc V6ターボ)
1989年 RA109E (3500cc V10)
1991年 RA121E (3500cc V12)
2006年 RA806E (2400cc V8)
2018年 RA618H (1600cc V6ハイブリッド)
2020年 RA620H (1600cc V6ハイブリッド)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1