ホンダF1 「2022年以降のF1プロジェクトをレッドブルと議論している」
ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は、ホンダは2021年以降もF1を継続する可能性は高いと語る。

ホンダは、レッドブルおよびトロロッソと2021年にむけて契約を1年のみ延長したが、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、すでに2022年と2023年についてホンダと話し合いをしていることを明かしていた。

レッドブルとしては、マックス・フェルスタッペンが2021年以降もチームに残留することを説得するために、ホンダF1とより長期的な契約をまとめるようプレッシャーを受けているのは明らかだ。

「メルセデスとフェラーリは成功するためへの同じプレッシャーを持っている」とレッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは Auto Motor und Sport にコメント。

ヘルムート・マルコは「マックスはどこに行くのか? メルセデスはハミルトンとマックスを一緒にする余裕はなかった」と付け加えた。

それでも、2022年以降もホンダF1とのパートナーシップを継続することは、レッドブルのF1での将来、そして、マックス・フェルスタッペンとの契約を延長することに役立つのは間違いないだろう。

「契約を1年だけ延長したからといって、このプロジェクトがそれ以降に存在しなくなるわけではありません」と山本雅史はアブダビで述べた。

「我々はすでに2022年についての議論に取り組んでいます。」

山本雅史はホンダがF1から撤退する可能性があるという噂は的外れだと主張する。

「我々のF1参戦についての議論はありませんでした。ですが、我々はプロジェクトを最善の方法で行う方法について議論していました」と山本雅史は述べた。

「今、我々はレッドブルとトロロッソで良い結果を達成し、トップにどんどん近づいています」

「当社のパワーユニットはまだメルセデスとフェラーリに遅れをとっていますが、以前よりはるかに近くなっています」

最近、レッドブルとホンダの関係者は2022年以降について最大の考慮事項は、FIAがエンジンコストをより適切に制御するかどうかだと述べている。

同時に、レッドブルは2021年から2025年の期間にF1にサインアップすることを検討する必要がある。だが、ホンダもその期間にF1に残るかどうかは必ずしもわからない。

「レッドブルにとって難しい決断であるに違いありません」と山本雅史は認める。

「しかし、2021年以降も我々が継続するかどうかについての議論は順調に進んでいます」

「どのような条件下でどのようにコラボレーションを継続できるかを議論しています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル