F1 ホンダF1 レッドブル
ホンダF1とレッドブルは、通常のF1ベルギーGPの予選後のプレスリリースに代えて、アントワーヌ・ユベールに哀悼の意を表した。

F1ベルギーGPの予選後に行われたFIA-F2選手権の決勝レースの2周目に多重クラッシュが発生。BWTアーデンのドライバーを務めるアントワーヌ・ユベールが亡くなるという悲しい事故となってしまった。

田辺豊治 (ホンダF1 テクニカルディレクター)
「本日のF2決勝レースでの事故によるアントワーヌ・ユベール選手のご逝去に際し、Hondaを代表して同選手のご冥福をお祈りするとともに、ご家族、ご友人の皆様に心からお悔やみ申し上げます。また、同じ事故の中で負傷されたファン・マヌエル・コレア選手の、少しでも早い回復をお祈りいたします」

クリスチャン・ホーナー (レッドブル チーム代表)
「今日のF2の決勝レースにおけるアントワーヌ・ユベール選手の非常に悲しい事故は、我々が愛してやまないモータースポーツが、時にどれだけ残酷なものになりうるかを改めて実感させるものになりました。今年のルーキーシーズンの中で、ユベール 選手はモナコとフランスの2レースで勝利を挙げるなど、将来のスターになりうるポテンシャルを披露していました。Aston Martin Red Bull Racingを代表して、同選手のご家族ならびにルノーおよびBWT Arden teamの皆様にお悔やみを申し上げます。また、同じく負傷されたファン・マヌエル・コレア選手とご家族の皆様にも心からのお見舞いを申し上げます」

フランツ・トスト (トロロッソ チーム代表)
「今日はレース中のクラッシュにより、F2ドライバーのアントワーヌ・ユベール選手が亡くなるという悲しい事故がありました。モータースポーツ界にとって本当に悲しい一日になってしまいました。Scuderia Toro Rossoを代表し、同選手のご家族、ご友人に心からお悔やみを申し上げます。また、同じ事故の中で負傷されたファン・マヌエル・コレア選手の回復をお祈りしています」

ジョディ・エジントン (トロロッソ テクニカルディレクター)
「F2でのアントワーヌ・ユベール選手の事故にチーム全員がショックを受けています。モータースポーツ界全体にとって悲しい出来事ですし、ユベール選手のご家族、ご友人の皆様にお悔やみを申し上げます」

訃報:アントワーヌ・ユベール、F2ベルギー大会での事故で死去

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / F2