F1 松下信治
ホンダの育成ドライバーの松下信治は、まだF1でレースをするという野心は抱いており、2019年にF2に復帰できるようホンダを促していると語る。

松下信治は、2015年から2017年までの3年間、F2にART Grand Prixから参戦。その期間に4戦で優勝し、3年目には6位でシーズンを終えていた。

また、ホンダとのF1パワーユニット供給契約で合意に至っていたザウバーとの取引の一環として、2017年のハンガリーテストでザウバーのF1マシンでテストに参加している。

だが、F1参戦に必要なスーパーライライセンスポイントを満たすことができず、松下信治は日本のレースに復帰。スーパーフォーミュラにDOCOMO TEAM DANDELION RACINGから参戦した。

「僕はまだF1を目指しています」と松下信治は Autosport にコメント。

「現在、二人の日本人(牧野任祐と福住仁嶺)がF1で走っており、彼らも戦っていますが、現状では少し難しそうです。ですが、僕も決して諦めてはいません」

「交渉はしており、できるだけ早くヨーロッパでフォーミュラレースができると言えることを願っています」

「ですが、F2に進みたいと思っているドライバーはたくさんいるので実際には難しいです。可能性は50%ですかね」

松下信治は、ホンダが2019年からトロロッソに加えてレッドブル・レーシングにもF1エンジンを供給することで、今後、チームのひとつが日本人ドライバーが走るための場所になることを期待していると語る。

だが、そのためには松下信治は、同じホンダの育成ドライバーである福住仁嶺、牧野任祐との競争に直面することになる。

「来年、ホンダはレッドブルとトロロッソに供給するので、4つのシートがあるということになります」と松下信治はコメント。

「将来、1つのシートが日本人ドライバーのためのものになる可能性はあると思います」

「問題は、現時点で僕たちが誰もスーパーライセンスポイントを満たしていないことです。僕たちはそのポイントを稼ぐ必要があります」

「それが鍵になります。スーパーフォーミュラでチャンピオンを獲得できても20ポイントだけですし、それでは足りません」

「何もないよりはマシですが、F1で走りたいのであれば、F2に留まるのが理想です。ピレリのタイヤやいくつかのサーキットを学ぶこともできますからね」

今シーズン、松下信治は、スーパーフォーミュラでわずか2戦でのポイント獲得にとどまり、7ポイントを獲得して10位でシーズンを終えている。

現在、F1を戦っているストフェル・バンドーンとピエール・ガスリーは、ルーキーとして勝利を収めており、松下信治は彼らと同じように結果を残せなかったことに落胆していると語る。

今シーズンのスーパーフォーミュラについて質問された松下信治は「当然、ベストではないですし、本当に落胆しています」とコメント。

「とても速く感じますし、クルマは速いです。ですが、僕たちは仕事をすることができませんでした。まったく満足はしていません」

「クルマに適応するという点では良い仕事をしていますが、レースについてはまだまだです。ロングディスタンス、ピットストップ、異なる戦略、異なるスタイルなど、僕たちにとってはより難しいです」

「僕にとっては初年度でした。ですが、ガスリーとバンドーンは初年度に勝っていますし、僕はレースに勝たなければなりませんでした」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1