F1 ホンダF1 シンガポールGP
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、トロロッソ・ホンダのF1シンガポールGPの決勝を振り返った。

トロロッソ・ホンダは、ピエール・ガスリーは8列目15番手から、ブレンドン・ハートレーは9列目17番手からのスタート。自由にタイヤを選べるトップ10以外では唯一ハイパーソフトをスタートタイヤに選択した。

しかし、そのタイヤ戦略も実らず、ピエール・ガスリーは13位、ブレンドン・ハートレーは17位でレースを終えた。

「金曜日のFP1から、あまりよくなり形で始めってしまった週末でした。そして、そこから予選までにパッケージとして大きな改善を図ることができませんでした」と田辺豊治はコメント。

「今日のレースペースには多少改善が見られましたが、後方グリッドからレースをスタートした中、オーバーテイクが難しいこのトラックでポイント圏内まで順位を上げるには至りませんでした」

「非常に厳しい週末となってしまったことは残念ですが、次のレースまで時間もありませんし、ここから切り替えてロシアに向けて準備を進めます」

関連:F1シンガポールGP 結果 | ルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1 | F1シンガポールGP