F1 ホンダF1 本田技研工業 トロロッソ 2018年のF1世界選手権
ホンダの2018年型F1パワーユニット「RA618H」は、これまでのプレシーズンテストでライバル勢と同様の信頼性を確保している。

F1バルセロナ合同テスト3日目は、降雪と豪雨によってご破算になったが、トロロッソ・ホンダは3日間で177周、823.935kmを走破。周回数と走行距離はメルセデスのワークスチームとまったく同じ数値となっている。

昨年、ホンダの新型パワーユニットは1回目のプレシーズンテストでトラブルが続発。マクラーレン・ホンダは最初の2日間で69周しか走行できなかった。

そのプレシーズンテストが引き金となり、マクラーレンはホンダとのパートナーシップを解消してルノーと契約。ホンダF1はトロロッソにF1パワーユニットを供給することになった。

今年のカタロニア・サーキットは、低い気温に見舞われており、例年よりも周回数は少ない。それでもトロロッソ・ホンダは初日に93周、2日目に82周、3日目に2種と合計で177周を走行。昨年末からスタートした新たなパートナーシップとしては好調なスタートといえる。

逆にマクラーレンは、初日にホイールナットのトラブルで51周、2日目にはエキゾーストの問題によって37周の走行に留まっており、5チームが走らなかった3日目に11周を走行してなんとかハースの走行距離を抜いている。

他のエンジンメーカーのパワーユニットにも信頼性のトラブルは発生していないが、ホンダはほぼライバルの供給チームと同じ周回数を重ねることができている。ただし、メルセデス、フェラーリ、ルノーともにワークスチームを含めて3チームに供給しており、データ収集という点ではホンダの不利は変わらない。

トロロッソ・ホンダ STR13をドライブしたブレンドン・ハートレーは「エンジンのドライバビリティーは、僕が今まで乗ったF1マシンの中でも最高レベル」とホンダのF1パワーユニットを絶賛。ピエール・ガスリーも「マシンは低速、中速、高速それぞれのコーナーで安定感がある」と述べている。

トロロッソ・ホンダはまだ全開走行を行っていない。ホンダの2018年型F1パワーユニット「RA618H」は、コンセプトを一新した昨年とは異なり、前年モデルの進化版。昨年末にはパフォーマンスも向上しており、全開走行時の信頼性とパフォーマンス、そして、今後の開発に期待がかかる。

F1バルセロナ合同テスト (3日間終了時点)
チーム周回数距離
フェラーリ178周828.59km
メルセデス177周823.935km
トロロッソ・ホンダ177周823.935km
ウィリアムズ175周814.625km
レッドブル174周809.970km
ルノー164周763.420km
ザウバー145周674.975km
フォース・インディア101周470.155km
マクラーレン99周460.845km
ハース91周423.605km


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1 | トロロッソ