ホンダF1 マクラーレン スクーデリア・トロ・ロッソ
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介は、同社はマクラーレンというトップチームと組むための準備が整っていなかったと認め、トロ・ロッソと組むことでF1での正しい方向性を見つけることができると考えている。

マクラーレンとの3年間で結果を出すことができなかったホンダは、事実上、ホンダから契約を打ち切られるカタチとなった。2018年は中堅チームのトロ・ロッソと新たにタッグを組む。

マクラーレンとの3年間について長谷川祐介は「一緒に仕事をして2年後、我々は仕事の習慣を含めてアプローチを大きく変更しました。大きな変化でした。我々はマクラーレンから多くのことを学びました」と Speedweek のインタビューで振り返る。

「最も厳しかったのは間違いなく初年度です。多くの失望を抱きました。ですが、3年目も簡単ではなかったです。3年目もタフだったと言えます。ですが、我々は以前の年よりも素早くにリカバーすることができたと思っています。」

3年前に戻るチャンスがあったら何をするかと質問された長谷川祐介は「ホンダのための準備期間にあてます。準備期間が短すぎました。チャンスがあれば、そこを変えるでしょうね」とコメント。

トロ・ロッソとの2018年も同じ問題を抱える可能性はあるかとの質問には「そうなるとは思っていません。トロ・ロッソはそれほどF1での歴史が長くないですし、その分、柔軟性も高いです。意見交換もより簡単にできます」と長谷川祐介はコメント。

「マクラーレンはトップチームです。ホンダはトップチームのための準備が整っていませんでした。それは意実です。ジェンソン・バトンとフェルナンド・アロンソからホンダは多くのことを学びました。二人ともドライビングスタイルは異なっており、我々にとっては興味深いことでした」

2018年は年間あたりのエンジン使用するが3基までと今シーズンよりもさらに厳しくなる。

2018年にむけて全体的に遅れが生じているのではないかと質問された長谷川祐介は「タイミング的には遅く見えるかもしれませんが、我々は遅れているとは思っていません」とコメント。

「エンジンに関してはマクラーレンとの3年間ですでに多くのことを経験しています。また、我々のナローなエンジンはトロ・ロッソによりうまくフィットするはずです」

「技術的には簡単ではありません。さらに厳しくなります。ですが、我々はすでにトロ・ロッソととてもうまく作業を進めています」

ホンダは、F1を続けていくことに疑いを持たなかったのかと質問された長谷川祐介は「いいえ。モータースポーツはホンダにとって全てを意味します。我々のDNAの一部です」とコメント。

「我々はレースが時に厳しいものであることをわかっています。ホンダの夢は常にレースでした。それが我々をF1へと導きました。我々のモチベーションを高めているものはパフォーマンスとテクノロジーへの挑戦です」

「なので、中途半端に諦めることは理にかなっていません。それは我々の考え方には合っていません。我々は発展し、成長するためにここにいます。時には極限に達することもあります。満足することも落胆することもあります。経験を積んで、そこから強くらなければなりません」

「我々にとってF1に留まってることが非常に重要です。我々はワールドチャンピオンになるという夢を抱き続けていなければなりません。それが我々が進み続けるモチベーションとなっています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / マクラーレン